ホーム>ニュース

顧剛局長が述べる楽城先行区の改革と革新への道

アップデート: 2021-07-12 L M S

微信图片_20210719175343.jpg

7月11日、海南博鰲楽城国際医療旅行先行区管理局局長、党委員会書記の顧剛は、海南自由貿易港フォーラムに参加し、「自由貿易港建設における楽城の探索と実践」をテーマとしたスピーチを行いました。

楽城:国民の健康のために

顧剛局長は、「楽城先行区の設立と発展は、将来、より多くの患者が診療を求めに海外に行く必要がなくなり、楽城で国際的にも最新の医薬品・医療機器・治療が受けられることを意味します」と述べました。

楽城:改革への道

顧剛局長は、「近年、楽城は制度の集成・革新を突破口とし、先行区の高質な発展の実現を促進させ、海南自由貿易港の初期段階の建設において多くの革新的成果を収めています」と話しました。

楽城:希望の都市

ボストン人造角膜によって58年失明していた老人が再び見えるようになったことや、人工内耳のおかげで500人以上の聴覚障害児が聞こえるようになったこと、世界中で薬を探していたメラノーマ患者が楽城で救われたこと、胃間質腫瘍患者に新たな希望をもたらしたことなど、顧剛局長は講演の中で、実際のケースのビデオをいくつか流しました。

楽城:不断の革新

顧剛局長は「海南自由貿易港の重点園区の中で、楽城は政策のブレークスルーから産業の建設やイノベーションを実現しましたが、これまでの成果に満足してはいけません。改革が深化する中で、楽城の人は常に熱情を持って革新し続けてこそ、市場競争力が向上するだろう」と強調しました。