ホーム>海南博鰲楽城国際医療観光先行区

歴史的な瞬間!楽城の初め、今まで唯一の公立病院の瑞金海南病院は今日に試験的運営が開始

アップデート: 2021-12-29 L M S

2021年12月18日、城の初め、今まで唯一の公立病院の上海交通大学医学院付属瑞金病院海南病院博鰲研究系病院(以下瑞金海南病院」と略す)は試験的運営が開始した。これは楽城先行区の改革と成長の過程中に重大な意義のある歴史的な瞬間であり品質成長の新しい段階に入っていることを示す

海南博鰲城は中国で唯一の医療特区及び国際的最先端の革新的な医療機器が中国市に進出するための重要なトンネルであり、瑞金海南病院は国家と海南省の重要なプロジェクトであり、承認病床数が500台あり、建設主体が海南省人民政府、輸出病院が上海瑞金病院であり、海南省人民病院を拠点にし、合同して国家区域医療センターを建設することを目的にする。

海南省が上海瑞金病院と合同して瑞金海南病院を建設すること重要性について、「これは海南省の医療事業の成長の中の大きな出来事である上、海南の国民の健康福祉のための福音でもあり、海南自由貿易港の建設が医療分野で重大な成果を取得していること、及び上海市と海南省が医療分野の深い協力を探索することでしっかりとした一歩を踏み出したことを示すことです。上海瑞金病院が充分に「国家隊」としての作用を発揮し、博鰲城国際医療観光先行区の医療事業の成長をリードし、海南自由貿易港の建設を支援してくださるように望んでいます。瑞金海南病院は適切、充分に国家が海南省に与えた医療事業の先行先試の政策を利用できるようにも望んでいます。海南省人民政府はうまく全面的な支援を提供しようと思います」と王路海南省副省長は指摘した

宗明上海市副市長はビデオでお祝い及び感謝の意を伝えた。「瑞金病院が海南省人民病院と誠実なご協力を行い、「広博慈愛、卓越追求」という瑞金精神を持って、共同して努力してうまく瑞金海南病院の建設を行い、絶えずに医学テクノロジーのイノベーションを強化し、海南省ないし全国の国民の健康のために力尽くすようにおねがいします」と宗明氏は指摘した。

強力な支援をくださって、安定、順序的に、高い効率で瑞金海南病院(博鰲研究系病院)の試験的運営を進めてきた海南省委省政府、海南省健委、城先行区管理局及び海南省人民病院に感謝の意を申し上げます。当病院はうまく、充分に城先行区の独特な政策上の利点を利用し、瑞金品質を表し、「城速度」を創造し、海南に立って全国にサービスを提供し、影響を東南アジアに輻射させようと思います」と瞿介明瑞金病院党委書記は指摘した。

顧剛海南省改委主任・城管理局長試験的運営が開始した瑞金海南病院にお祝いの意を表し、次のとおりに指摘した。「城の初め、今まで唯一の有名公立医療機構として、瑞金海南病院の試験的運営の開始は城にとって政策の徹底化から高品質の成長に入る新しい段階表示です。海南省委省政府の強力な支援、各官庁の緊密な協力及び瑞金海南病院のリードにより、国内の更に多くの公立病院及び有名な専門家城と協力を行うようになり、城は足の成長を迎えると信じています。これから、瑞金海南病院は充分に自身の利点を発揮し、海南自貿港及び城先行区の優遇政策を利用し、医学テクノロジーのイノベーション要素と資源を集めさせ、更に多くの医療先例を創り出し、国内外の患者に幸せを作り、海南の国民が「重大な疾病でも海南島で応対できるように」という目標に達成することに基づいて、全国の国民が「重大な疾病でも国内で応対できるように」という目標に達成し、健康中国の建設に城の力を貢献してくださるように期待しています」。

「上海交通大学医学院が全面的に、深く海南自由貿易港の医療開放の新高地の建設に参加することは深く積極的に融入し、サービスを提供するという国家戦略を徹底させるための担当行動である上、共に上海市と海南省の深い友情を構築し、共両地方の国民の健康を守る実務的挙動でもあります。今日、瑞金海南病院は試験的運営が開始し、海南国際医学センター及び上海交通大学の高いレベルの国際化、模範的中外協力による大学教育の医学大学の先駆者となり、重要な、マイルストーンのような意義があります。上海交通大学医学院及びその付属病院は全力を尽くして瑞金病院海南病院の成長及び建設を支援しようと思います」と範先群院士・上海交通大学医学院長は指摘した。

「省健委は全力を尽くして成長で瑞金海南病院支援しようと思います」海南省健委主任周強、「上海申康病院発展センターは瑞金病院の主催者として建設と成長で瑞金海南病院支援しようと思います」と王興鵬上海申康病院発展センター主任は指摘した。田志強瓊海市委書記海南医学院長及び姜鴻彦海南省人民病院党委書記は現場で挨拶した。式は李文秀海南省健委副主任に主催された。よると、試験的運営の間に、瑞金海南病院は同期に国家実世界臨床データ研究センター、先進技術国家医学研究センター、国家臨床医学イノベーションセンター及び国際移植医療リハビリテーション・クリニック・センターの計画及び建設を行い、加盟する国内外で最も優れた専門家チームを招聘するそうである。試験的運営式で、瞿介明上海交大医学院付属瑞金病院党委書記及び姜鴻彦海南省人民病院党委書記は共同して海南博鰲城に進出する瑞金病院創業の石に除幕した。その創業の石は脈々と受け継がれてきて、時代に遅れずについていく上海瑞金病院と瑞金海南病院を象徴するものである。

志冬瑞金海南病院党委書記によると、「瑞金海南病院は試験的運営が開始してから、城出向の第一陣の専門家チームとして、医師、看護婦、技師及び管理スタッフの21名が城に到着しました。次に、病院は海南省病気のスペクトル及び所在省以外へ行って診察を受ける一般的な病気に焦点をあわせ、腫瘍及び血液サブジェクトグループ、心血管代謝サブジェクトグループ及び神経科学サブジェクトグループの建設重点を置き、それに基づいて努力して国家区域医療センターを創設しようと思います」そうである。

で、期に渡って医療事業に力を尽くしてきた陳香美院士は「広慈教授」という称号を授与された。

中国銀行及び保険規制委員会海南管理局、海南省自然資源計画庁、海南省、海南省教育、海南省委人材発展局、海南省医療保障局、海南省薬監局、城管理局、城医薬監管局、上海科技大学及び海南医学院などの指導者は試験的運営式に参加した。