ホーム>海南博鰲楽城国際医療観光先行区

輸入ライセンスされた薬機器は品種が初めて200種以上となった!博鰲楽城は高品質成長の新しい段階に邁進

アップデート: 2022-01-11 L M S

1月4日、海南自由貿易港博鰲楽城国際医療観光先行区(以下「楽城先行区」と称すでは海南省新聞弁公室と合同して記者会見を主催し、楽城では輸入ライセンスされた薬機器は品種が初めて200種以上となり、真っ先に国内基本的に医療技術、装備及び薬と国際上級レベルとの「3つの同期」に達成した同時に、楽城先行区では正式に高品質の成長の新しい段階に邁進したと正式に宣言した。

改革と成長活力が絶えずに放出 基本的に国際上級レベルとの「3つの同期」に達成した
ここ数年来、城先行区では制度の集積イノベーションを顕著な位置に置き、しっかりして改革とイノベーション並びに先行先試を行い、海南省健委、海南省薬監局、海口税関などと改革と成長のジョイントフォースを形成し、加速して複数の優遇政策の徹底化を進め、絶えずに改革と成長の活力及び動力を放出させ、国際的イノベーション薬機器のライセンス使用などの中核的政策の配当が充分に放出するようにしてきた

報告よると、今まで、城では輸入ライセンスされた薬機器は品種が初めて200種以上となったそうである。その中、腫瘍科用薬は39種、リハビリテーション科用器械は38種、眼科用器械は31種、心臓内科用器械は28種に達したものであり、大体に眼科、リハビリテーション治療腫瘍科、心臓内科、耳鼻咽喉科、形成外科及び骨科などの競争力のある科室を育成した。また、2021年ライセンスされた薬機器利用患者数量製品は前年比454%増加し、国外医療消費のリフローを吸引するトレンドが大体に出てきていて、楽城先行区では顕著な実績に達成した。顧剛楽城先行区管理局党委書記・局長によると、ここ2年以来、城先行区ではしっかりして 中国人ができる限り早期に全世界で最も先進な薬機器を用いるようにし、中国の健康産業の成長進め、中国の医療生事業の改革を支援する」という使命を中心にして、医療団地の成長に必要な5つの要素と呼ばれる病院、医師、患者、先進な薬機器及び規制に焦点をあわせ、制度の集積とイノベーションをハンドルにして積極的に先行先の探索と実践上の作用を発揮し、全力を尽くして臨床に緊急に必要な国際的イノベーション薬機器を導入し臨床実世界のデータアプリケーションの試行を推進し、城の高品質の成長を進めてきた。

創業に適する環境を育成  城は政策の高地から産業の集中と成長のためのプラットホームの高地」に邁進

海南自由貿易港建設の重要な団地及び重大な機能的プラットホームとして、博鰲城は海南自由貿易港政策の主な対象地区と先行先試のインキュベータ一である。先行先試の政策の高地」は城先行区のもう一陣の高品質成長エンジン」をアクティベートしているので城先行区に改革と成長のより活発な、イキイキして向上する雰囲気が出ていて、公営私営を問わず、良質の医療リソースが加速して集まってきている。

調査によると、今まで、城先行区に建設が完了し、運営を開始した医療機関が20、建設中または建設準備中のプロジェクトが10個以上契約を調印した院士専門家チームが51個に達したものであり、楽城先行区は国際で日増しによく知られてきて、18国地区薬機器業の80社ほど関係、国際ランキングトップ30の薬機器業の全部と高度な協力関係を構築していて、国際的イノベーション薬機器がに進出するためのの重要なトンネルのとなっている

言及する価値があるのは、前月、上海交大医学院海南国際医学センターは楽城に進出し、瑞金海南病院博鰲研究型病院は試験的運営を開始していて、年初に正式に運営することとなり、西城病院は前月に屋根工事が完了し、今年末に始業する計画である。


顧剛楽城先行区管理局党委書記・局長に頼まれて、呂小蕾楽城先行区管理局党委成員・常務副局長は現場で関係の情報を開示した。「ライセンスされた薬機器などに関する優遇政策の公表に伴って、上海交大医学院、多国籍薬機器、瑞金病院、西病院及び樹蘭病院などの良質のリソースが相次ぎに楽城に進出してきて、楽城先行区は大体に「産学研」の統合された産業生態系のアーキテクチャを構築しています。これは楽城が高品質の成長の新しい段階に邁進し始まることを示すものです。城は「政策の高地」から「プラットホームの高地」へ邁進していて産業集中及びブランド効果が加速して形成しています。城はイノベーション薬機器の着陸で楽城スピードを創造している上、良質のリソースの集中のスピードも表していて、城は海南の独特なリソース上の長所に応じる差異化の成長路線を探し出していて、全産業チェーンにある市場のプレーヤーは積極的に応答し、融合して成長していて、中国市場のあるチャンス及びリソースを共有しています」と呂小蕾氏は指摘した。

開放とイノベーションを持続 城の高品質成長の新しい章を開始

輸入ライセンスされた薬機器の品種が初めて200種に達したことは海南自由貿易港がより一歩にビジネス環境を最適化する縮図でもある。2年以上に渡ってきて、省健委、省薬監局及び海口税関などは積極的に作為してきて、積極的に担当してきて、去年9月に合同して公表したより一歩に規制サービスを最適化し、品質の成長で海南博鰲城国際医療観光先行区を支援するための若干の措置」によりより一歩に臨床緊急に必要な輸入薬医療器械に関する承認の手順簡単にし承認のモードを最適化し規制サービスの効果を向上させ、真正患者薬機器を待つこと」から「薬機器が患者を待つこと」までの転換に達成したものであり、大いに国際薬機器業者と団地にある医療機関の積極性を激発した。複数の部門の全力を尽くす協力のお陰で城の医療ライセンス政策による活力が持続して放出しているので城では、臨床緊急に必要な輸入薬医療器械のアプリケーションはより一歩に加速していて、患者は更に優れた医療体験を得ている

伍小海口税関一級総監督によると、「海口税関では積極的に楽城先行区にある関係の企業が確実に海南自由貿易の「ゼロ関税」という政策配当を享受できるようにしていて、海南自由貿易港のゼロ関税」という政策の早期収穫段階に3枚目の「ゼロ関税」関係の商品リストとしての自己使用産機器に関するゼロ関税政策楽城先行区徹底させています。次に、更に多く良質のサービス博鰲城国際医療観光先行区の高品質の成長に新しいエネルギーを添えようと思います」ということそうである


李文秀海南省健委党委成員・副主任によると、「省健委は積極的に、確実に、詳細に国九条」などのライセンス政策を徹底させ、絶えずに規制モードのイノベーションを行い、団地にある民営医療機関と公営医療機関との緊密な協力を促進し、先行区における医療レベルの持続的向上を進めようと思います。次に、省健委は積極的に更に多く良質の医療リソースを導入し城における医教研」の全面的な協同成長を促進しようと思います」ということそうである。

朱寧海南省薬監局党組書記・局長によると、「省薬監局では始終に公衆の健康にサービスを提供することを大事にし、絶えずにライセンスされた薬機器政策の適用性及び適用領域を拡大し、持続してライセンスされた薬機器に関する承認の加速でしく効果を取得するようにしています将来、制度の集積とイノベーション及び効果の更に高い良質の規制で楽城の成長を支援し、自由貿易港の国内国際のダブルサイクルの新しい成長レイアウトに薬監機関の力を奉献しようと思います」ということそうである。

博沛城先行区管理局高国際事務官によると、「ここ数年来、城先行区は国際影響力が日増しに向上してきて、絶えずに放出してきた改革の配当及びイノベーションのスピードにより、国際薬機器業者は揺るがなく楽城の成長見通しを楽観的に思い、城との高度な協力を期待しています。次に、城は更に多く国際医療リソースを導入し、高いレベルの開放で国際医療観光及び医療サービスの成長を進めようと思います」ということそうである。

2022年が「第14次5年計画」を実施する過渡、重要な年、及び海南自由貿易港建設の攻撃の年であり、城先行区は始終にの最も重要な利益を心に入れ国民の健康にサービスを提供しようという本来の意図に達成するようにしより一歩に制度の集積とイノベーションを深化し、国民の健康に自由貿易港風の最先端城ソリューション」及び「海南知恵」を提供し、海南自由貿易港の高品質、標準の建設を支援しようと思っている。