ホーム>海南博鰲楽城国際医療観光先行区

四川大学華西楽城病院は主構造体の屋根工事が完全に完成され、自由貿易港の医教研の統合に基づく最先端医療のベンチマークとなる見通し!

アップデート: 2022-01-11 L M S

2021年12月30日、四川大学華西楽城病院プロジェクトは主構造体が完全に完成された。それは四川大学華西楽城病院プロジェクトが竣工と使用開始に向かって更に邁進したことを示す。そのプロジェクトは四川大学、海南控股社及び楽城管理局の協力による自由貿易港の最先端の医教研の統合の重大なプロジェクト、総建築面積が66388㎡、2022年末に竣工と使用開始に達成する見通し、請負業者が中建一局である。

張偉四川大学党委副書記、黄勇四川大学華西病院常務副院長、張伶俐四川大学華西第二病院副院長、楊徴四川大学華西口腔病院副院長、楊羅四川大学華西第四病院副院長、韓宇四川大学華西医学センター病院管理処長、成果四川大学華西医学センター医学科建設部長、馮燕海南省発改委二級巡視員、張毓輝海南省衛健委党委成員・副主任、黎運達海南省薬物監督管理局党組成員・副局長、呂小蕾楽城管理局党委成員・常務副局長、楊軍海南控股社党委成員・副社長及び李旺中建一局一公司海口城市公司マネジャーらはプロジェクトの屋根工事完成式に出席した。

四川大学華西楽城病院は始業してから四川大学及び華西各付属病院の高レベル、高品質のリソース及びイノベーション上の長所に基づき、充分に海南自由貿易港の政策上の長所及び楽城先行区の先行先試政策上の長所を発揮し、地域的最先端医療の高地及び難病・重病の医療センター及び国内一流の医療、教学及び研究の統合された総合性病院となるようにし、国内外の患者に更に良質の医療サービスを提供するようにする。

「今年1月、海南省委及び省政府の指導者の強力な関心及び支援、並びにすべての関係者の積極的なプロモーションにより、四川大学華西楽城病院は建設の大幕が正式に開けられました。11か月に渡る激しい建設の後、今日、華西楽城病院の主構造体の屋根工事が正式に完成されました。これは大学・地方・企業による協力の道にある重要なマイルストーンです。病院の建設中に、四川大学では全力による協力を行い、コミュニケーションを強化し、共にうまく華西楽城病院を建設、運営し、努力して一流の医学人材を培養し、一流のイノベーション成果を創造し、一流の医療サービスを提供し、医教研の統合された成長に達成し、世界的影響力のある高いレベルの自由貿易港を建設する海南に貢献しようと思います」と張偉四川大学党委副書記は指摘した。

顧剛楽城管理局党委書記・局長に頼まれて、呂小蕾楽城管理局党委成員・常務副局長は四川大学華西楽城病院の主構造体の屋根工事の完全な完成にお祝いの意を表し、「ここ数年来、各優遇政策が楽城先行区の改革と成長に強力な動力を注入してきて、公営私営を問わず、良質の医療リソースが加速して楽城先行区に集まってきて、医療サービスに公営医療機関による指導、支援及びリード、団地に進出する業者の差異的成長、融合的成長のレイアウトが形成しています。楽城の改革と成長にご支援になっている四川大学殿及び華西病院殿、並びに海南控股社及び中建一局を始めとする建設関係者に非常に感謝の意を申し上げます。私達は手に手を取って楽城で華西スピードを創造してきましたが、四川大学華西楽城病院殿の運営が海南自由貿易港の成長戦略、楽城先行区の改革と成長の位置決めと結び合わせ、国民が「重大な疾病でも国内で応対できるように」という目標に達成し、楽城先行区の高品質の成長を進め、健康中国の建設に楽城華西病院殿のイノベーション・ソリューションを貢献してくださるようにお願いします。楽城管理局では全力を尽くして華西楽城病院殿の建設と運営に支援及び保障を提供しようと思います」と指摘した。

楊軍海南控股社党委成員・副社長によると、「華西楽城病院は高いレベルで四川大学華西医学院のトップレベルの医療センターの15軒を導入する計画があり、海南控股社が自由貿易港の成長政策及び当社の成長計画と結び合わせて積極的にビッグヘルスフィールドを企画することに関するマイルストーンのようなプロジェクトです。プロジェクトの建設が始まった以来、省発改委、省衛健委及び省薬監局などの強力な支援により、海南控股社は持続して責任を徹底させ、競争を広げ、科学的にスケジュールを作成し、順序的に工事を推進し、効果的に工事安全、品質及び進捗を確保し、高標準で円満にプロジェクトの主構造体の屋根工事を完成する目標に達成するようにと各建設業者を統合しました。海南控股社は徹底的に省委省政府の業務計画を実施し、高度な責任感及び使命感、高品質、高標準でプロジェクトの後継ぎの建設をすすめる同時に、協力四川大学と華西医学院の付属病院の4軒及び楽城管理局しっかりして正式な運営までの各準備を行い、プロジェクトが2022年12月末まで順調に運営を始めるように力を尽くそうと思います」ということである。

報告よると、四川大学華西楽城病院プロジェクトは楽城先行区管理局が海南省発展控股有限公司、四川大学及び華西各付属病院と手に手を取って高品質、高標準で企画したプロジェクトであり、四川大学華西楽城病院は建設が完了してから臨床応用を指針にし、積極的に腫瘍に対する治療、希少疾患に関する研究、生物医学と健康、人工知能とビッグデータ、臨床実世界のデータアプリケーションなど最先端の重要な分野を中心にして国際先進性及び探索性のある臨床医学研究を行う同時に、楽城先行区における関係の研究成果の転化を推進し、国内外患者に一流の医療サービスを提供しようとするものである。


四川大学華西医学センター、四川大学の各付属病院、海南省発改委、海南省衛健委、海南省薬監局、楽城管理局、楽城医薬監管局及び海南控股社などの関係指導者はその活動に参加した。